FXで大切なことの一つに損切りがあります。

FXで大切なことの一つにマイナスが拡大した時に何処で損切りをするかということがあります。
特にビギナーズラックの経験がある初心者は何の根拠も無いまま『もしかしたらこのマイナスがプラスに転じるかもしれない』と期待感だけを持って損切れないことがあります。
これが結果的に大きな損失を出す危険性があります。

 

また、適当な検証だけで安易にポジションを持ってしまうことも損失を出すことに繋がります。
相場は今下がっていても一瞬にして反転する可能性があります。
チャートの各時間軸をしっかりと検証することが必要です。
少なくとも日足でのチャートはしっかりと確認しておくべきです。
大きな時間軸で今この通貨はどちらの方向に向かっているのか知ることです。
そしてエントリーする方向はなるべくその大きな時間軸の方向へとエントリーすることです。
そうすることによってもしポジションが逆走してもエントリーした方向にまた戻る可能性が高くなります。
正しい検証でポジションを持つことによってマイナスが増えていってもやがては戻ることを予測できます。

 

しかし、この場合でも相場には絶対がありませんので必ず損切りの逆指値は入れておかなければなりません。
有効な損切りを入れる場所もしっかりと勉強すればチャートから読み取る事が出来ると思います。

損切りについて -FX初心者のための入門講座関連ページ

リスク管理は必要
FX取引口コミ談
スキャルピングで資産運用