スワップポイントの二つの方法

日本はかつてない低金利ですので、日本の銀行にお金を預けても利子はスズメの涙ほどです。
世界中で景気後退の波を受けて、利下げをする中央銀行が増えてきたとはいえ、まだまだ、日本よりは高水準です。

 

FX業者では、こうした通貨同士の金利差をスワップポイントとして設定しています。
金利の低い通貨で金利の高い通貨を買っておけば、その金利差がもらえます。
逆に、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買えば、その金利差をFX業者に支払わなくてはいけません。

 

このスワップポイントですが、FX業者によって取り扱い方が違います。
ほぼ毎日スワップポイントは発生しますが、そのポイントをポジションの損益額と合算していき、ポジションの決済時か、スワップポイントの振込を依頼した時のみに、口座に実損益として反映させる業者があります。

 

また、別の業者は、毎日発生するスワップポイントを、毎日、直に口座に実損益として反映させます。

 

どちらも最終的には結果は同じですが、前者はポイントを貯めておくことができるメリットがあります。
このポイントは実損益として口座に反映されるまでは、仮の損益扱いですので税金はかかりません。
節税対策として使える方法ですので、口座を開設する時には、それぞれの業者のスワップポイントの扱い方を参考に比べて見てください。

スワップポイントについて -FX初心者のための入門講座関連ページ

レバレッジについて