レバレッジのメリット、デメリット

FXにおけるレバレッジの意味とは、てこの原理という意味を表します。

 

つまり少額の資金で大きな取引が出来るということで、このレバレッジこそがFX取引の最大の魅力だと私は思います。
例えば、株式投資など他の投資において100万円を元手に投資を行う場合は、あくまでもその資本自体の金額分しか投資を行うことができません。

 

しかしFXを利用すれば、同じ100万円でも10倍の1000万円分あるいは100倍の1億円分の取引が可能となるのです。
このようにFX取引で手持ちの資金の数倍規模で取引を行うことをレバレッジをかけるといいます。

 

FXではレバレッジをかけることが可能である為に、個人投資家が少ない資金でも参入出来るようになり、最近のFX人気につながっていると思います。

 

しかし、このレバレッジこそがFX最大の落とし穴にもなりかねません。
レバレッジが10倍で、取引が上手くいけば資本の10倍の利益を得ますが、逆に取引が上手くいかなければ、10倍の損益が発生することになります。

 

それ故にFXにおいてレバレッジを大きく掛けることは非常にリスクの高い投資ということになります。
FX初心者はもちろんのことですが、取引開始直後はレバレッジ1倍〜3倍程度の低いレバレッジで先ずは経験を積事が大事だと思います。

レバレッジについて -FX初心者のための入門講座関連ページ

スワップポイントについて